第52回 関西武夫原会 総会・懇親会が去る9/9(土)、大阪第一ホテル(大阪マルビル6階)に於いて盛大に開催されました。

 

 

今回は原田信志学長に、五高記念館をはじめとする大学の被害状況とこれからの復興・飛躍に向けた取組み等、熊本復興についての特別講演をいただき、復興途上にある熊本、母校熊本大学に関西の地からエールを送りました。

また、熊本から現役熊大生で2017年ミスユニバース熊本代表の野口真未さんが応援に駆け付け、会に華を添えました。野口さんの話に目を輝かせて耳を傾けている姿が印象的でした。

今回は初参加者6名を含む100余名の参加があり、昭和28年卒の谷正道顧問から平成29年卒の西村茜さんまで幅広い世代の卒業生が集まり、昨年からのキャッチフレーズ「5縁(血縁・地縁・学縁・社縁・趣縁)」による交流の輪がさらに広がったと思います。

懇親会では熊本から取り寄せた辛子レンコンや馬刺しに舌鼓を打ちながら世代を超えて当時の話に花を咲かせ、またアトラクション企画も盛況で、法・文学部長とのじゃんけん大会、恒例のビンゴゲーム、五高以来の伝統・「武夫原頭に草萌えて」で大いに盛り上がりました。

関西武夫原会は、法・文学部、大学院・社文研の卒業生・修了生の交流の場として昭和41年の第1回開催から半世紀にわたり続いてきました。さらにこの会を起点にハイキングやゴルフなど、ご家族も一緒に参加できる企画も行っています。皆様も是非ご参加ください。

・・・・・ご挨拶  会長 本島 昭男(第16回・昭和43年卒)・・・・・

平成29年度関西武夫原会総会の役員改選で再度、会長を引き受ける事になり、心新たに役員、幹事と共に、会の運営を頑張りたいと思います。皆様方の更なるご協力とご支援を宜しくお願い申し上げます

今年は、ホームページやフェイスブックで、「5縁(ご縁)繋いで、若手による新たなる半世紀のスタート」団結作戦で一昨年及び昨年の創立50周年記念大会に続いて参加者が3年連続100名を超えました。

先輩達から受け継いできた関西武夫原会をさらに発展していく為に再度「若い方々の力が必要です。是非、運営にご参加ください」とお願いしました。 2020年の東京オリンピックの年には関西武夫原会は第55回の節目迎えます。その時には、若い世代で第55回記念大会を盛り上げて欲しいと思います。 そして、熊本大学との連携を密にすると共に、関西連合同窓会での他学部との学部の垣根を越えた交流も活発にして行きたいと思います。

ホームページは2011年に開設されましたが、アクセス数が32万を突破し、2016年に開設されたフェイスブックと共に、関西武夫原会の主要な情報発信・交流の場になっており、今後の同窓会の発展に更に寄与できることを確信しております。

これからも様々な機会をとらえて「5縁(血縁・地縁・学縁・社縁・趣縁)を繋ごう」を合言葉に関西武夫原会の交流の輪が広がっていくことを願っております。

なお、1.「関西武夫原会について」の ②会長あいさつ
役員・事務局及び 2.「関西武夫原会のあゆみ」をリニュアルしましたのでご覧下さい。